忍者ブログ
漫画家・かかし朝浩の公式ブログです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

前の記事肉食+麺類
次の記事操球+痛覚
ペン入れしてたら、カブラペンの先っちょが弾け飛んで画面が酷いことに。

しかも…6本使ったうち2本がそれって、ちょっとひどすぎやしませんか。
線もいまいち出にくいし…


別にアナログ作業の「漫画」が表現方法として限界に来てるとは全く思えないんですが、商売としては周辺産業も含め、成り立たなくなりつつあるのかもしれません。
画材は着々と入手しづらくなっています。しかも質が低下、同じレベルを保つには作家のほうで努力が求められます。
漫画で、年商数十億を売り上げる出版社もあるのですから、そこから画材メーカーに対しての保護が多少なりとあってくれればなあ…と思ったりもします。我々草の根作家は「値上げにもちょっと我慢する」くらいの支援しかできませんし。

効率上、CGによる作画は理に適っているとは思うんですが、「紙とペンがあればできる表現方法」たる漫画が、最低5~6万のPC+数万円のコミック描画ソフト+数万円のペンタブレットがなければ本にできなくなってしまうというのは、やや寂しいものがあります。

まあ画材(トーンとか)はそれ以上に経費かかりますけどね。

『少納言』は終了までアナログだけでやろうと決めておりますが、他作品はデジタルに移行せざるを得なくなるでしょう。
先月の”荒海障子"などはPCで変形させてコピー機でサイズ変更、スプレー糊で貼り付けてペンやトーンで処理をかぶせるという、デジタルとアナログのごちゃ混ぜで描いていますから、もうさっさと移行した方がいいのかもしれませんが…。

少なくとも表紙はアクリルガッシュで続けます。
きれいに描けるとCGとしか思われないのがまた切ないところではありますが…。

拍手[0回]

PR
前の記事肉食+麺類
次の記事操球+痛覚
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
ペンを使用した作画方法というものについては
"守る価値がない"or"他の方法に変えたほうが良い"
と思っているという勢力が大きいと考えています。

出版社は営利企業ですから、いい作品を作って金になること
だったらやるでしょうし。そう考えると、現時点で出版社側は
"ペンで書くことによる特別なメリットはない"と行動で示している
ように思います。

先生方でお金を出し合って、漫画家専用画材ショップとかでも
開店しないと無理なのかなとも思います。
ある程度の数量をまとめて購入しないと、商売としてペイしないと
思うので。それだけペンで描かれる作家が減っているということ
でもあるかと思いますが。

個人的には、絵はペンで書くものというイメージが強いので
違和感もありますが、実際にペンで描かれた生原稿を見る機会も
あまりないので、読者としては意識しないことのほうが多いかとも
思います。

逆に、先生がイラストとかを書こうと思っても、ペンなどが使えずに
コンピュータソフトなどを使わないと描けなくなるというのはさびしいと感じます。
私は、直筆の原稿に宿る情念とか迫力というものを信じていますので。
[ やふー 2008年09月07日(日)12時06分 修正 ]
意識改革
近年、「今の10代に『千と千尋』以前のアニメの話題は通じない」と自分のパロディ癖をカットしてきましたが、紙に載ってるものは紙に書いているという常識も忘れる時期に来ているのかもしれませんね。

また、これから先「携帯端末」に最適化された表現方法が増えていくと思うので、単行本ではなくデータのダウンロードによるコンテンツ販売へと移って行くかもしれません。そういった流れに沿うならば、「コマ割り」の技術も廃れる運命にあるんでしょうか。

そういった新枠組みに対する意欲がないわけではないんですけどね(正直面白そうとも思います)…。
大体、MSXやPC-98で徹夜してドット打ってた人間ですから、適応できないわけはないし。むしろ何で「それを使って漫画を描く」発想がなかったのかとも反省しております。

直筆原稿は、まあ何かしら描く機会もあるでしょうし。
ガムのプレゼント用の色紙は1日がかりで彩色しましたw
[ かかし朝浩 2008年09月08日(月)15時18分 修正 ]
数日ROMってました
はじめましての書き込みです。
よろしくお願いします。

線画についてはちょっとわからないのですが、CG塗りは見た目ですぐわかりますね。
きれいすぎるというか、隙がなさ過ぎるというか。
効果の付け方で水彩っぽくしてたりするのですが、やっぱりやふーさんがおっしゃる通り、アナログの方が迫力があるので、まだまだ共存しながら続いて行って欲しいですね。

ところで、とある雑誌に描いていた古参(失礼!)漫画家さんが新しい担当さんに原稿を手渡したところ、「紙の原稿は初めて見た」と言われたそうです。
時代ですねえ。

> MSXやPC-98で徹夜してドット打ってた人間ですから
わたくしも、しがないプログラマなので、たまにアイコン用ドット絵描いたりしますが、あれとでっかい絵は全然別物のような気もします(汗)。
16x16、32x32、48x48以外の絵は描けませんもの。
[ ブコビッチ 2008年09月17日(水)11時15分 修正 ]
どうぞよろしく
今後もごひいきにー。

CGグレースケールの切れそうにシャープなエッジや、透明感の高さはやはり魅力なんですけどね。ガッシュのマットな質感は捨てがたいです。

まあ、カットなんかの細かいCG仕事はちょっとずつ受けるようにしてるので、新PCを組んでから色々と。

ドット打ちは絵と言うよりデザイン化の技術ですねー。下手するとパズルww
出っ張り部分に一段暗い色を置いてジャギ消し、なんて技術が懐かしいです。プログラマの方にはこの話や、「最近の若いのはプログラマーがウインドウズ上でプログラム入力してると思ってる」と話すとすげー食いついてくれるんで、よく盛り上がります。w
[ かかし朝浩 2008年09月18日(木)06時42分 修正 ]
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
- HOME -
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新CM
[02/05 正体不明の存在]
[02/04 一ファン]
[12/27 かかし朝浩]
[12/27 Mya]
[06/04 Mya]
最新記事
プロフィール
HN:
かかし朝浩
性別:
男性
職業:
漫画家
自己紹介:
『暴れん坊少納言』2010年夏完結。
ドイツロマン派音楽家譚『ムジカ』2013年秋完結。
他、成人向け中心に神出鬼没。

連絡先:kakashi7776あmsn.com
("あ"→@に変えて下さい。)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]